Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ

日立システムズと同社子会社のセキュアブレイン、およびアカマイ・テクノロジーズの3社は、金融機関向けにウェブサイトを保護するソリューションを展開する。

同ソリューションは、アカマイのDDoS攻撃対策およびWAFサービス、セキュアブレインの不正送金対策、日立システムズのインシデント対応支援サービスを組み合わせ、金融機関に提供するもの。従来は、「Akamai Kona Site Defender」と「PhishWallプレミアム」を仕様上の問題から同時に利用できなかったが、連携機能を共同で開発した。

日立システムズでは、同ソリューションを「金融機関向けDDoS・不正送金対策パック」として展開。2018年までに累計10億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2016/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か