Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ

日立システムズと同社子会社のセキュアブレイン、およびアカマイ・テクノロジーズの3社は、金融機関向けにウェブサイトを保護するソリューションを展開する。

同ソリューションは、アカマイのDDoS攻撃対策およびWAFサービス、セキュアブレインの不正送金対策、日立システムズのインシデント対応支援サービスを組み合わせ、金融機関に提供するもの。従来は、「Akamai Kona Site Defender」と「PhishWallプレミアム」を仕様上の問題から同時に利用できなかったが、連携機能を共同で開発した。

日立システムズでは、同ソリューションを「金融機関向けDDoS・不正送金対策パック」として展開。2018年までに累計10億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2016/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協