Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash Playerのゼロデイ脆弱性、過去の標的型攻撃で利用された脆弱性と類似

5月8日にゼロデイ攻撃に利用されていることが判明し、同月12日のアップデートで修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2016-4117」が、標的型攻撃キャンペーン「Operation Pawn Storm」で利用された脆弱性と類似していることがわかった。

米Trend Microによれば、問題の脆弱性は、「Adobe Primetime」の関連SDKにあるクラスに存在。型の取り違えにより、悪意あるコードが実行されるおそれがある。

同社の分析によれば、今回の脆弱性は、2015年10月に同社が報告した「Operation Pawn Storm」で利用された脆弱性「CVE-2015-7645」と同様の手法で攻撃を行っており、逆アセンブルしたコードも非常に似ているという。

「Op Pawn Storm」は、「APT28」「Sednit」「Fancy Bear」「Tsar Team」といった名称でも知られている。ロシア政府との関連性も指摘されている

同社は、今回類似した脆弱性が判明した点について、「ActionScript Virtual Machine(AVM)」のネイティブコードにおける「型の融合」に起因している可能性があると指摘。他コードにおいても同様の設計が行われているおそれがあると、潜在的なリスクについて示唆している。

(Security NEXT - 2016/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を