Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 9.3.2」をリリース - 39件の脆弱性に対処

Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイス向けに、「iOS 9.3.2」をリリースした。不具合のほか、複数の脆弱性を修正している。

20160517_ap_001.jpg
39件の脆弱性を解消したApple

今回のアップデートでは、CVEベースであわせて39件の脆弱性に対処。カーネルに関する脆弱性5件をはじめ、複数のライブラリや入出力、ネットワーク、画像処理のほか、「Safari」や「WebKit」などの脆弱性にも対処した。

Siriにおいて写真や住所録へアクセス可能となる脆弱性「CVE-2016-1852」についても解消している。今回同社が修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-1790
CVE-2016-1801
CVE-2016-1802
CVE-2016-1803
CVE-2016-1807
CVE-2016-1808
CVE-2016-1811
CVE-2016-1817
CVE-2016-1818
CVE-2016-1819
CVE-2016-1814
CVE-2016-1813
CVE-2016-1823
CVE-2016-1824
CVE-2016-1827
CVE-2016-1828
CVE-2016-1829
CVE-2016-1830
CVE-2016-1831
CVE-2016-1832
CVE-2016-1833
CVE-2016-1834
CVE-2016-1835
CVE-2016-1836
CVE-2016-1837
CVE-2016-1838
CVE-2016-1839
CVE-2016-1840
CVE-2016-1841
CVE-2016-1842
CVE-2016-1847
CVE-2016-1849
CVE-2016-1852
CVE-2016-1858
CVE-2016-1854
CVE-2016-1855
CVE-2016-1856
CVE-2016-1857
CVE-2016-1859

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
Apple、Macやスマートデバイス向けに重要なセキュリティアップデート
macOSにアップデート、「sudo」の脆弱性など解消
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 84」が登場 - 深刻な脆弱性など14件を修正
Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意
Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正