Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Radware、日本国内にDDoS攻撃対策のスクラビングセンター

米Radwareは、DDoS攻撃において攻撃データを排除するスクラビングセンターを、日本へあらたに設置した。

ウェブサイトに対するDDoS攻撃に対し、通信トラフィックを同センターを経由させることで攻撃トラフィックを除去するもので、従来より海外拠点で同様のサービスを展開しているが、あらたに国内へ開設した。

あらたな拠点の追加により、対応キャパシティを拡張。同センターでは日本のほか、アジアパシフィック全体をカバーしていく。

(Security NEXT - 2016/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
DDoS攻撃が前月から減少、最長だったのはmemcached反射攻撃 - IIJ調査
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
5月のDDoS攻撃は減少、最大規模の攻撃は1.9Gbps - IIJレポート
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大