Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SambaとMS、脆弱性「Badlock」を修正 - 公開直後より悪用される懸念も

20160413_bl_001.jpg

「Badlock」として、修正が事前に予告されていた「Windows」と「Samba」に関する深刻な脆弱性に対し、修正プログラムが予定通りマイクロソフトの月例セキュリティ更新にあわせてリリースされた。公開後は脆弱性が悪用される可能性が高いとされており、注意が必要だ。

問題の「CVE-2016-2118」は、Samba Coreチームに所属する独SerNetのStefan Metzmacher氏が発見した脆弱性。

「Security Account Manager Remote(SAMR)」や、「Local Security Authority Domain Policy(LSAD)」といったリモートプロトコルの処理に関する脆弱性で、悪用されると「マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)」を行われたり、サービス停止に追い込まれるおそれがある。

具体的な被害としては、「Samba」で構築した「Active Directoryサーバ」において、ユーザーのパスワードハッシュなどデータベースの情報が摂取されたり、改変される、重要なサービスが停止されるといった悪用のおそれがあるという。またADサーバ以外の「Sambaサーバ」でも、ユーザーやファイル、ディレクトリの権限が変更される可能性がある。

同脆弱性へ対応した修正版として、Sambaの開発チームは、「Samba 4.4.2」「同4.3.8」「同4.2.11」をリリース。マイクロソフトでは、「SAM」および「LSAD」リモートプロトコル用のセキュリティ更新プログラムとして「MS16-047」をリリース。認証レベルが強制的にダウングレードされる「CVE-2016-0128」に対して、認証レベルを処理する方法を変更することで対応した。

また「Badlock」に関連した「Samba」の脆弱性として「CVE-2015-5370」「CVE-2016-2110」「CVE-2016-2111」「CVE-2016-2112」「CVE-2016-2113」「CVE-2016-2114」「CVE-2016-2115」が明らかとなっており、あわせて修正されている。

(Security NEXT - 2016/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性