Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、暗号化トラフィックを可視化する専用アプライアンス

A10ネットワークスは、暗号化されたトラフィックを可視化するアプライアンス「Thunder SSL Insight」を提供開始した。

同製品は、SSL通信を復号してセキュリティ機器に転送するアプライアンス。同社ではこれまでもゲートウェイ「Thunderシリーズ」において暗号化トラフィックを可視化する機能を提供してきたが、あらたに同機能に特化した専用アプライアンスを投入した。

SSL通信において最大48Gbpsのスループットに対応。トラフィックステアリング機能により、送信元やコンテンツの種類に応じて適切な機器に復号処理したトラフィックを転送するという。

医療機関や金融機関など慎重に扱うべき特定のウェブサイトとの通信に対する監視やブロック、SSL可視化対象から除外する選択的迂回を行うほか、同社の脅威情報サービスとの連携に対応。不正なIPアドレスのアクセスをブロックする。

(Security NEXT - 2016/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
「NFVIS」バンドルの「Cisco vWAAS」に深刻な脆弱性 - 権限昇格のおそれ
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
OSSのシステム監視ツール「Pandora FMS」に深刻な脆弱性
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも