Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「情報セキュリティポリシーサンプル」を改訂

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「情報セキュリティポリシーサンプル1.0版」をウェブサイト上で公開した。

同サンプルは、同協会の西日本支部中小企業向け情報セキュリティポリシーサンプル作成ワーキンググループが作成したもの。2002年に作成した「同0.92a版」から年月が経過し、技術やサービス、国際規格など環境が変化していることから、改訂作業を実施した。

従来の「同0.92a版」では、対象を中規模以上の企業を想定していたが、「同1.0版」では中小規模の企業を想定。またPDCAサイクルは、従来「DO(実行)」に重点を置いていたが、今回サイクル全体をカバーした。

2013年に改訂された国際標準「ISO/IEC27002:2013」への対応や、スマートデバイスやクラウド、SNSなどの新技術やサービスへの対応。関連規格として「ISO/IEC27001:2013」「ISO/IEC27002:2013」「ISO/IEC27005:2008」「ISO31000:2009」まで含めた。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
競技団体宛メールを第三者に誤送信、入力ミスで - 東京都
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%
Google、最新ブラウザ「Chrome 102」をリリース - 深刻な脆弱性を修正
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も