Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従来非公開のAPT対応ガイドが一般公開へ - 攻撃拡大受け認知向上促す

JPCERTコーディネーションセンターは、標的とした組織から情報を摂取したり、破壊行為を展開するなど、巧妙な攻撃への対策を体系的にまとめた資料を公開した。従来一般には非公開としていたが、攻撃が拡大しており、対策の認知向上を目指して公開したという。

高度サイバー攻撃(APT)への備えと対応ガイド
高度サイバー攻撃(APT)への備えと対応ガイド

今回公開した「高度サイバー攻撃(APT)への備えと対応ガイド」は、APT(Advanced Persistent Threat)攻撃の活動モデルなど説明した上で、攻撃に備えて求められる事前準備やインシデント対応の考え方、注意点などを解説したガイド。事前準備におけるチェックリストのほか、インシデント発生時に参考となる対応フローなどを収録している。

初版は2013年に同センターが米DeltaRiskの「Initial Procedures and Response Manual for Countering APT」を原著として、国内有識者の検討を踏まえた上で作成。2015年3月にインシデント対応のガバナンスやマネジメント視点を追加するなど改訂を進めてきた。

一方で防御側の対策を攻撃側に把握されるなど、悪用されるリスクもあるとして一般公開は行わず、同センターの早期警戒情報を受信する企業や日本シーサート協議会、インシデント対応を進める企業などに限定していた。

今回、サイバー攻撃の拡大など環境の変化も受けて、より多くの企業が問題を把握し、対策を講じることができるよう、第2版をもとにウェブ公開版を作成、公開に至ったという。同センターサイトより無償でダウンロードすることが可能。資料の目次は次ページのとおり。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は