Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査

あらたなデータが持ち込まれるケースは年々減っているという。入手先は個人の場合と、同業者を含む法人から持ち込まれる場合が存在。廃業した通販事業者が換金目的で持ち込んだり、イベント参加者リストなどが持ち込まれることもある。

また古本屋や廃棄物回収業者から入手するケースや、SNSやウェブサイトなどインターネット上に公開されたデータを収集、提供サービスを行う事業者から入手する場合もある。

買取価格は、名簿の場合、1冊7000円から3万円と事業者によって幅があった。デジタルデータは、1万件以上の場合1件あたり0.1円から10円程度。データの内容と鮮度により変動するが、展示会の入場者データなどは1件50円と単価が高い。デジタルデータの場合は内容の信憑性が確認できないとして、名簿より単価が低くなる傾向も見られた。

2014年に大規模な流出事件が判明したベネッセコーポレーションに関する個人情報も、800万件に対して5万円から16万円で売り込みが行われていたという。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NPO法人職員の個人情報を内閣府サイト上で誤公開 - 奈良県
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠
自治会で市貸与の住民名簿が所在不明に - 福岡市
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校
保育園の散策時に園児情報含む書類を紛失 - 糸魚川市