Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性対策の取組について解説した資料

情報処理推進機構(IPA)は、同機構における脆弱性対策に関する取り組みについて解説した「IPA脆弱性対策コンテンツリファレンス」のPDF版を公開した。

同資料は、同機構が脆弱性の低減を目的に行っている取り組みについて説明したもの。取り組みについて、コンテンツの性質別に「普及啓発資料、普及啓発ツール」「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」「検査、検証ツール」「脆弱性対策情報ポータルサイト(JVN)」の4種類に分類し、各取り組みについて解説している。

また、システム開発従事者が活用可能な資料やツールなどを開発工程別に示し、経営者や開発者、運用保守担当など利用対象者別に活用を推奨するツールや資料などを紹介。各業務で実施すべき対応なども言及している。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper