Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、脆弱性38件を解消した「iOS 9.3」をリリース

Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイス向けに、新機能のほか、あわせて38件の脆弱性を解消した最新OS「iOS 9.3」を提供開始した。

20160322_ap_002.jpg
iOS 9.3では38件の脆弱性を解消

同OSでは、カーネルの脆弱性9件や「WebKit」関連の脆弱性9件を修正。また「メッセージ」において、悪意あるサイトへ訪問すると他スレッドへ勝手にオートフィルの文字列が入力される脆弱性「CVE-2016-1763」などあわせて2件の脆弱性や、Wi-Fi関連の脆弱性2件を解消。

さらにフォントやXML、HTTPプロトコルの処理に関する脆弱性などへ対処している。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2015-1819
CVE-2015-5312
CVE-2015-7499
CVE-2015-7500
CVE-2015-7942
CVE-2015-8035
CVE-2015-8242
CVE-2015-8659
CVE-2016-0801
CVE-2016-0802
CVE-2016-1734
CVE-2016-1740
CVE-2016-1748
CVE-2016-1750
CVE-2016-1751
CVE-2016-1752
CVE-2016-1753
CVE-2016-1754
CVE-2016-1755
CVE-2016-1756
CVE-2016-1757
CVE-2016-1758
CVE-2016-1761
CVE-2016-1762
CVE-2016-1763
CVE-2016-1766
CVE-2016-1775
CVE-2016-1778
CVE-2016-1779
CVE-2016-1780
CVE-2016-1781
CVE-2016-1782
CVE-2016-1783
CVE-2016-1784
CVE-2016-1785
CVE-2016-1786
CVE-2016-1788
CVE-2016-1950

(Security NEXT - 2016/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正