Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT i3とMSが提携、脅威情報を共有

米MicrosoftとNTTイノベーション・インスティテュート(NTT i3)は、戦略的パートナーシップを締結した。脅威情報を共有し、セキュリティサービスやソリューションをグローバルに展開する。

今回のパートナーシップ締結により、両社はサイバーセキュリティにおける脅威情報を共有を進め、NTTイノベーションでは、顧客へ提供している脅威対策プラットフォーム「Global Threat Intelligence Platform(GTIP)」へ活用。

MSの「Cyber Threat Intelligence Program」より脅威となるIPアドレスやマルウェアに関する情報を活用することで、サイバー攻撃の検知能力を向上させる。

また今回の提携により、メンバー間でマルウェアやセキュリティ関連情報の共有を促進するアライアンスフレームワーク「Virus Information Alliance 3.0」に加盟。メンバー間での情報共有を推進する。

(Security NEXT - 2016/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中