Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT i3とMSが提携、脅威情報を共有

米MicrosoftとNTTイノベーション・インスティテュート(NTT i3)は、戦略的パートナーシップを締結した。脅威情報を共有し、セキュリティサービスやソリューションをグローバルに展開する。

今回のパートナーシップ締結により、両社はサイバーセキュリティにおける脅威情報を共有を進め、NTTイノベーションでは、顧客へ提供している脅威対策プラットフォーム「Global Threat Intelligence Platform(GTIP)」へ活用。

MSの「Cyber Threat Intelligence Program」より脅威となるIPアドレスやマルウェアに関する情報を活用することで、サイバー攻撃の検知能力を向上させる。

また今回の提携により、メンバー間でマルウェアやセキュリティ関連情報の共有を促進するアライアンスフレームワーク「Virus Information Alliance 3.0」に加盟。メンバー間での情報共有を推進する。

(Security NEXT - 2016/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
「ウイルスバスター」に権限昇格の脆弱性 - 最新版に更新を
VoIP電話「Cisco IP Phone」に複数の脆弱性 - アップデートが公開
IBM、インフラ管理のHashiCorpを64億ドルで買収
「WooCommerce」向けのカスタムフィールド追加プラグインにRCE脆弱性
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
米政府、悪用が確認された脆弱性3件について注意喚起