Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新設「情報セキュリティマネジメント試験」の応募者は約2.3万人

情報処理推進機構(IPA)は、4月17日に実施を予定している2016年度春期の「情報処理技術者試験」の応募者数を発表した。「情報セキュリティマネジメント試験」が新設されたことで前年を上回ったが、全般的に応募者が縮小している。

同試験の応募者総数は、前年同期の18万1313人から20万921人へと増加。内訳を見ると、あらたに創設された「情報セキュリティマネジメント試験」が2万2903人、「基本情報技術者試験」が前年同期比99%の6万4904人、「応用情報技術者試験」が98.1%の4万6147人、5分野ある「高度試験」が97.5%の6万6967人だった。

前年を上回ったのは、「高度試験」の1分野である「情報セキュリティスペシャリスト試験」のみ。4期連続で増加しており前年同期比101.6%となる2万7769人だった。「システム監査技術者試験」は前年の93.2%にあたる3739人だった。

20160316_ip_001.jpg
2016年度春期の情報処理技術者試験応募状況(表:IPA)

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
IPA、春期登録セキスペ試験など中止 - 新型コロナ影響で
受験生に対するメールで送信ミス、メアド流出 - 琉球大
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%