Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティガイド「NIST SP 800-82」に日英対訳版

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティへ配慮した制御システム(ICS)を構築するためのガイダンス文書「NIST SP800-82 Rev.2」の日英対訳版を公開した。

米国立標準技術研究所(NIST)が発行するセキュリティ関係のレポート「SP800シリーズ」において、「SCADA」「DCS」「PLC」などをはじめとする産業用制御システム(ICS)におけるセキュリティ設定のガイドラインをまとめた「NIST SP800-82 Rev.2」に、日本語対訳を追加したもの。

同資料は、制御システムの設計や設計などに携わるエンジニアや管理者、セキュリティコンサルタント、研究者などを対象に作成された。同資料は、JPCERT/CCのウェブサイトよりダウンロードすることができる。

制御システムの運用中断や第三者による設定変更、誤動作の発生、マルウェアへの感染など、制御システムの破壊や環境への影響、人命が危険にさらされるといったインシデントを防ぐため、システムの構成例などとともに、対策などをまとめている。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応