Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

飛来音で300メートル先のドローンを検知するシステム

パナソニックシステムネットワークスは、飛来音で約300メートル先のドローンを検知できる「ドローン検知システム」を開発し、受注を開始した。

同システムは、飛来するドローンを音声により検知するシステム。従来より16個の無指向性マイクを円形に配置したモデルを展開してきたが、感度を上げるため、あらたにマイクを32個に増強したモデルを開発。

コントロールソフトの見直しも行い、環境騒音レベル46デシベルの場合、距離1メートルで発生音量レベルが85デシベルSPLのドローンであれば、約300メートル先の飛来音を検知することが可能だという。

また旋回やズーム機能、レンズを上下に振るチルト機能を搭載した監視カメラシステムと連携。マイクで飛来音を検知した後、ドーロンの機体をカメラ映像で確認することができる。

(Security NEXT - 2016/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドローンセキュリティガイド第5版」を公開 - セキュアドローン協議会
「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」が改訂
ドローン情報基盤システムで情報漏洩の不具合 - 修正するも再発
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省
個人情報などウェブ入力内容を委託先に外部送信 - 新生銀
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
「ドローンセキュリティガイド第2版」を公開 - セキュアドローン協議会