Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金

東山口信用金庫において、顧客向けの通知ハガキが未発送となっており、外部に流出した可能性があることがわかった。処理に困りシュレッダーで裁断処理したと担当する従業員は話しているという。

同金庫によれば、通帳のない「通帳レスカードローン」の契約者に対して利用残高を通知するハガキを年2回発送しているが、2021年3月、および同年9月に発送すべきハガキ5418件について発送手続きが行われていなかったもの。

5月19日に判明したもので、担当する従業員は、手続きが遅れたことから未発送となり、処理に困ってそのうち1880件についてはシュレッダーで裁断したと証言しているという。のこる3538件については、同金庫が保管している。

廃棄されたとするハガキには、顧客1477人に関する氏名、住所、口座番号、カードローン商品名、利用残高などの個人情報が記載されていた。

同金庫ではシュレッダーにより処理したとの証言などを踏まえ、外部流出の可能性は低いと説明。不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム