Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金

東山口信用金庫において、顧客向けの通知ハガキが未発送となっており、外部に流出した可能性があることがわかった。処理に困りシュレッダーで裁断処理したと担当する従業員は話しているという。

同金庫によれば、通帳のない「通帳レスカードローン」の契約者に対して利用残高を通知するハガキを年2回発送しているが、2021年3月、および同年9月に発送すべきハガキ5418件について発送手続きが行われていなかったもの。

5月19日に判明したもので、担当する従業員は、手続きが遅れたことから未発送となり、処理に困ってそのうち1880件についてはシュレッダーで裁断したと証言しているという。のこる3538件については、同金庫が保管している。

廃棄されたとするハガキには、顧客1477人に関する氏名、住所、口座番号、カードローン商品名、利用残高などの個人情報が記載されていた。

同金庫ではシュレッダーにより処理したとの証言などを踏まえ、外部流出の可能性は低いと説明。不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ