Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート

セキュリティ・キャンプ協議会は、2023年2月13日から17日にかけてシンガポールで開催される「Global Cybersecurity Camp 2023 Singapore」の参加者について募集を開始した。

Global Cybersecurity Campは、アジア地域の加盟国よりセキュリティに興味を持つ優秀な学生を募り、サイバーセキュリティ専門家のもと技術を学ぶ人材育成イベント。参加者の交流を深めコミュニティの形成を図り、国籍や人種を超えたグローバル人材を育成することを目指している。

講義はすべて英語となり、「ウェブペネトレーションテスト入門」「マルウェアのリバースエンジニアリング」「マルウェアとランサムウェアの調査」「ドローンセキュリティと信号解析」「攻撃者行動分析」といったカリキュラムを予定している。

募集対象者は、日本国内に居住し、2023年3月31日時点で25歳以下の学生や未就業者が対象となる。セキュリティ・キャンプ全国大会の修了生であるかは問わない。

日本からは6人を選出する予定。交通費、宿泊費、食費、PCR検査費含む参加費用は無料。応募締め切りは12月5日16時。募集要項など詳細は同協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も