Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitterへ差別的な書き込みをした職員を懲戒処分 - 岐阜県

岐阜県は、Twitter上へ不適切な書き込みを80回にわたり繰り返し行っていたとして、職員に対して懲戒処分を行った。

同県によれば、同職員は2015年9月7日から11月29日にかけて、Twitterへ差別的な主張を含む不適切な内容を80回にわたり書き込み。同年10月1日および5日の勤務時間中、Twitter上に私的な書き込みを4回行っていたという。

同県では同職員に対し、減給10分の1(1カ月)とする懲戒処分を決定。また監督者2人に対し口頭による注意を行った。

(Security NEXT - 2016/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ECサイトの顧客情報が流出した可能性 - 産業廃棄物処理事業者
住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
固定資産税下げようとシステム改ざん、職員を停職処分 - 上尾市
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
子会社元従業員、ネットバンク経由で3.5億円を横領 - ホッカンHD
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚