Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高で生徒指導カードが所在不明、廃棄ロッカーなどに放置 - 大阪

大阪府立吹田東高校において、卒業生の生徒指導カードが所在不明になっている。一部は回収されたが旧校舎の解体現場や処分場で発見されたという。

2004〜2009年度に卒業した生徒の指導カードが、保存期間経過後に適切に廃棄されておらず、放置されていたことが判明したもの。生徒指導カードには生徒と保護者の氏名、住所、電話番号、生年月日、緊急連絡先、生徒の写真、自宅付近の地図、出身中学校などが記載されている。

2月12日に神戸市のフェリーターミナル付近の植え込みから、生徒指導カード2枚が拾得されたほか、解体中の旧校舎から発見され、問題が発覚した。フェリーターミナル付近で拾得された2枚は、旧校舎から運び出した廃棄ロッカーに入っていたもので、処分場に運ばれた際にトラックの荷台に残ったものが落下したと見られている。

今回の問題を受けてカードを探したところ、旧校舎の解体現場では801件、処分場でスクラップなどから381件を回収したが、707件の所在がわかっていない。同県教委では、カードの所在がわからない卒業生に対して謝罪文を送付。卒業生や保護者を対象とした説明会を開くなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2016/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
「国民のためのサイバーセキュリティサイト」がリニューアル
「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町