Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年4QのDDoS攻撃は約4割増 - 188回攻撃を受けた組織も

アカマイ・テクノロジーズは、2015年第4四半期に同社が観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。DDoS攻撃は前四半期を4割上回っており、特定のターゲットに対して繰り返し攻撃が行われるケースが目立っている。

同四半期には3600件以上のDDoS攻撃を観測。前四半期から39.9%増、前年同期との比較では148.9%増となった。平均攻撃時間は前期の18.8時間から14.9時間に短縮。大規模攻撃も減少しており、100Gbpsを超える攻撃数が8件から5件へと減少した。

一方、同四半期は特定のターゲットに対し、繰り返し攻撃が行われるケースが目立っており、1件あたりの平均攻撃回数は24回。100回以上の攻撃を受けたターゲットも3件あり、188回にのぼるケースもあった。

攻撃手法を見ると、リフレクション攻撃の増加傾向が続いており、DNSリフレクション攻撃は92%、NTPリフレクション攻撃は57%増加した。複数の攻撃手法を組みあわせた攻撃も増えており、同四半期は56%と半数以上を占めたという。

攻撃対象となった業種を見ると、54%とゲーム会社に対する攻撃が過半数にのぼり、ソフトウェアおよびテクノロジー業界が23%で次に多かった。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート