Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

App Storeに「EmEditor」のなりすましアプリ

iOS向けのApp Storeにおいて、Windows用テキストエディタ「EmEditor」に見せかけた無関係のアプリが配布されているとして、エムソフトが注意を喚起している。

同社によれば、問題のアプリは「Emeditor」という名称で、iOS用のApp Storeで有料アプリとして販売。またアプリのアイコンには「EmEditor」のウェブサイトのロゴが使用されていた。

iOS向けに公開されているアプリの開発者と同社は関係がなく、同アプリとは無関係であるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表