Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、攻撃者の動機や正体なども含めた脅威情報サービス

シマンテックは、サイバー攻撃に関する同社インテリジェンスをクラウドで提供する「DeepSight Intelligence services」をリリースした。

同サービスは、脅威に関するインテリジェンスをクラウド経由で提供し、経営者やネットワーク担当者など組織のセキュリティチームを支援するサービス。同社が収集、解析した脅威情報のレポートをポータルサイトのほか、APIにより情報を活用することができる。

「Managed Adversary and Threat Intelligence(MATI)」として、 サイバー関連の犯罪やスパイ行為、ハクティビズムなどに関し、攻撃者の正体や動機などにフォーカスしつつ、早期警戒のための脅威情報や考察、将来の予測を提供する。

また付加サービスとして「Directed Threat Research」を用意。他情報ではカバーされていない特定の攻撃者や攻撃活動といった企業が持つ疑問に対し、カスタムレポートを提供する。

(Security NEXT - 2016/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技