Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エプソン、複合機向けにICカードによる認証印刷オプション

エプソンは、同社複合機向けにICカードによる認証印刷を実現するオプション機能「Epson Print Admin」を3月上旬より提供開始する。

同ソリューションは、同社の「スマートチャージA3複合機」および「PX-M7050FP」向けのオプション機能。「FeliCa」「Mifare」などのICカードを使った認証印刷を実現する。コピーやUSBメモリ、スキャン、ファックスといった機能について、利用者や部門による制限が可能。利用履歴の管理にも対応する。

同社ではそれに先駆けて2月下旬より、機器管理ソフト「Epson Device Admin」を無償で提供。ネットワークに接続されたプリンタやスキャナをリモートで監視、設定でき、エラー通知や印刷枚数を参照できる。

価格は、1年利用できるサービスパックの場合、10万3680円。割安な複数年契約も用意した。またスマートチャージ利用者は月単位の契約にも対応する。

(Security NEXT - 2016/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

明治の海外グループ会社がランサム被害 - 犯行声明も
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開