Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エプソン、複合機向けにICカードによる認証印刷オプション

エプソンは、同社複合機向けにICカードによる認証印刷を実現するオプション機能「Epson Print Admin」を3月上旬より提供開始する。

同ソリューションは、同社の「スマートチャージA3複合機」および「PX-M7050FP」向けのオプション機能。「FeliCa」「Mifare」などのICカードを使った認証印刷を実現する。コピーやUSBメモリ、スキャン、ファックスといった機能について、利用者や部門による制限が可能。利用履歴の管理にも対応する。

同社ではそれに先駆けて2月下旬より、機器管理ソフト「Epson Device Admin」を無償で提供。ネットワークに接続されたプリンタやスキャナをリモートで監視、設定でき、エラー通知や印刷枚数を参照できる。

価格は、1年利用できるサービスパックの場合、10万3680円。割安な複数年契約も用意した。またスマートチャージ利用者は月単位の契約にも対応する。

(Security NEXT - 2016/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、情報流出の可能性 - 第一印刷所
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市