Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MBSD、不正サイトとの通信を遮断するクラウドサービス

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、不正サイトとの接続をブロックするクラウドサービス「MBSD Secure Web Gateway」を、3月1日より提供開始する。

同サービスでは、ウェブルートの「Bright Cloud」を活用したクラウドサービス。クラウド上の中継サーバで、パソコンやモバイル端末などのHTTP通信をチェック。IPアドレスやURL、ファイルなどのレピュテーション情報をもとに、不正サイトへの通信をブロックし、悪意あるサイトへ誘導されたり、情報漏洩を防止する。

今後同社では、同クラウドにくわえ、同社セキュリティオペレーションセンター(SOC)で収集した情報もあわせて分析する脅威インテリジェンスサービスの提供を目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure