Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、シンガポールに「サイバーセキュリティ・ファクトリー」

NECは、サイバー攻撃対策の導入や運用を支援する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」をシンガポールに開設した。

同社では、サイバー攻撃対策のシステム設計、構築から運用監視、異常検知時の緊急対応までワンストップで提供する「サイバーセキュリティ総合支援サービス」の中核拠点として、2014年国内に「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を開設。他ベンダーなどとも連携し、脅威動向や対策技術、ノウハウなどを集約している。

今回あらたにシンガポールへ同様の施設を設置し、国内との恊働によりサイバー攻撃に関する脅威情報を共有。グローバルなセキュリティ監視ネットワークを強化していく。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
Symantecセキュサービス部門の買収を完了 - Accenture
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収