Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOSのSafariでアドレスバーをタップするとクラッシュ - 国内外で多数報告

iOSに搭載されている標準ブラウザ「Safari」がクラッシュするとの報告が、国内外のソーシャルネットワークなどへ多数投稿されている。

Safariのアドレスバーをタップすると同時にクラッシュするもので、不具合が生じるとアドレスバーから検索を行ったり、URLを入力してウェブブラウズができなくなる。

今回の問題に対し、ユーザーによるSNSへの投稿や一部メディアでは、設定にある「Safari検索候補」をオフにすると、クラッシュを防げると報告。またプライベートブラウジングで発生を防げるとの報告もある。

また本誌編集部でも同様の不具合が発生したが、同端末では「履歴とWebサイトデータを消去」より履歴やCookie、ブラウズデータの消去を行うと、「Safari検索候補」をオフにしなくてもクラッシュの発生を回避できた。

今回の不具合について詳しい原因はわかっておらず、公式見解などは出ていない。報告されている対策は、あくまでユーザー環境における経験則に過ぎないが、いずれもアドレスバーのタップ時に検索候補を表示させない点で共通しており、検索候補にクラッシュを引き起こす不正な文字列が混入したことなどが疑われる。

(Security NEXT - 2016/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ