Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル暗号化に「一貫性がない」41% - 従業員情報の管理も甘く

中小企業を対象に暗号化に関する調査を英Sophosが実施し、結果を取りまとめた。企業における暗号化は進んでおらず、知的財産などのファイル暗号化について4割が「一貫性がない」と回答したという。

同調査は米国、カナダ、インド、オーストラリア、日本、マレーシア6カ国の中小企業におけるITシステム責任者1700人を対象に、データの暗号化状況について尋ねたもの。

企業における暗号化は進んでおらず、41%が知的財産などのファイル暗号化に「一貫性がない」と回答。30%が自社の財務データを「必ずしも暗号化できていない」と答えた。

80%の企業がクラウドを利用しているが、クラウド上の全データを暗号化している企業は39%。暗号化の実施率を国別に見ると、米国が48%と高い一方、マレーシアでは17%と低い。

また従業員の個人情報に関しては、顧客情報のような厳密な管理が行われておらず、極秘の人事ファイル、健康情報、銀行口座情報など3割から5割近い企業は暗号化せずに保管しているケースがあるという。

(Security NEXT - 2016/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応