Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、ファイル暗号化ソフトの自動暗号化機能を強化

ハンモックは、IT統合管理ソフト「AssetView」のファイル制御、暗号化機能を強化した「同 8.3」を提供開始した。

同ソリューションは、IT資産管理からセキュリティ対策、情報漏洩対策などの機能を、ソフトウェアパッケージとサービスを組みあわせて提供するもの。企業は必要な機能のみ選択して導入できる。

今回、ファイル制御と暗号化を行う「AssetView K」の機能を強化。個人情報ファイルをあらかじめ指定した条件で検出し、暗号化することも可能になった。またメールの添付ファイルや、USBデバイスへのファイルを保存する際、自動的に暗号化することができる。

価格は、1000から1499クライアント利用の場合、1ライセンスあたり2592円から。

(Security NEXT - 2016/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供