Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北大のサーバが外部と不正通信 - 情報流出の可能性

北海道大学のサーバが外部と不正通信を行っていたことがわかった。サーバ内部には関係者の個人情報や企業情報などが保存されていたという。

20160113_hu_001.jpg
情報漏洩の可能性を公表した北海道大学

同大によれば、同大キャリアセンターのファイルサーバが外部のサーバと不正な通信を行っていることが、1月4日に判明したもの。同日サーバをネットワークから隔離した。

問題のサーバは、2015年12月27日にスパムメールの大量送信に悪用され、翌28日に送信を自動遮断していることへ気が付き、ログなどを調査したところ不正通信が判明した。

サーバ内には、同大へ在学する学生約1万8000人や卒業生約9万5000人の個人情報、企業情報約2000社分が保存されており、外部へ流出した可能性がある。

同大では、情報漏洩の被害状況について調査を進めている。調査結果については判明次第公表する予定。また関係者に対しては、書面で事情を説明、謝罪する。

(Security NEXT - 2016/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高