Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響

富士通が提供するインターネット回線サービスで利用するネットワーク機器より、外部へ不正な通信が行われていたことが明らかとなった。回線サービスの顧客のほか、同回線を利用する同社クラウドサービスやマネージドセキュリティサービスなども影響を受けた。

同社が提供するインターネット回線サービス「FENICS」で利用する一部ネットワーク機器より外部に不正な通信が行われていたことが判明したもの。12月9日に確認したという。

同社が提供するクラウドサービス「FJcloud-O」や富士通クラウドテクノロジーズが提供する「ニフクラレンタルサーバ」のほか、富士通エフサスがマネージドセキュリティサービスを提供する「富士通ITマネージメントセンタ」でも問題の回線を利用しており、影響が広がっている。

本誌取材に対して同社は、侵害を受けていた時期や具体的な内容、影響の範囲について「セキュリティの問題」を理由にコメントを避けた。

明らかとなった問題に対して、必要となる対策はすでに講じていると説明。それぞれのサービスにおいて、対象となる顧客に対しては、可能性も含めて具体的な影響について報告を行っているとしている。

(Security NEXT - 2023/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を