Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響

富士通が提供するインターネット回線サービスで利用するネットワーク機器より、外部へ不正な通信が行われていたことが明らかとなった。回線サービスの顧客のほか、同回線を利用する同社クラウドサービスやマネージドセキュリティサービスなども影響を受けた。

同社が提供するインターネット回線サービス「FENICS」で利用する一部ネットワーク機器より外部に不正な通信が行われていたことが判明したもの。12月9日に確認したという。

同社が提供するクラウドサービス「FJcloud-O」や富士通クラウドテクノロジーズが提供する「ニフクラレンタルサーバ」のほか、富士通エフサスがマネージドセキュリティサービスを提供する「富士通ITマネージメントセンタ」でも問題の回線を利用しており、影響が広がっている。

本誌取材に対して同社は、侵害を受けていた時期や具体的な内容、影響の範囲について「セキュリティの問題」を理由にコメントを避けた。

明らかとなった問題に対して、必要となる対策はすでに講じていると説明。それぞれのサービスにおいて、対象となる顧客に対しては、可能性も含めて具体的な影響について報告を行っているとしている。

(Security NEXT - 2023/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性