Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に修正パッチ - 17件の脆弱性を解消

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」における緊急度「クリティカル」の脆弱性へ対処したセキュリティアップデート「APSB16-02」を公開した。

20160113_as_001.jpg
17件の脆弱性へ対処した「APSB16-02」

今回のセキュリティパッチでは、メモリ破壊が生じる「CVE-2016-0931」や、解放済みメモリへのアクセスが生じる「use-after-free」の脆弱性など、あわせて17件の脆弱性へ対処した。「Windows」「Mac OS X」いずれも影響を受けるという。

脆弱性を悪用されるとシステムの制御を奪われるおそれがあり、同社は今回のアップデートについて緊急度を4段階中もっとも高い「クリティカル」に指定。同社は修正した「同15.010.20056」「同15.006.30119」「同11.0.14」を用意した。悪用は確認されておらず、いずれも適用優先度を「2」にレーティングし、30日以内の適用を推奨している。

CVE-2016-0931
CVE-2016-0932
CVE-2016-0933
CVE-2016-0934
CVE-2016-0935
CVE-2016-0936
CVE-2016-0937
CVE-2016-0938
CVE-2016-0939
CVE-2016-0940
CVE-2016-0941
CVE-2016-0942
CVE-2016-0943
CVE-2016-0944
CVE-2016-0945
CVE-2016-0946
CVE-2016-0947

(Security NEXT - 2016/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正