Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、実践演習で学ぶサイバー攻撃対応人材の育成サービス

大日本印刷(DNP)は、組織においてサイバー攻撃へ対応できる人材を育成する新サービスを2016年3月より開始する。

同サービスは、企業や組織を狙った攻撃などインシデントへ対応する能力を持った技術者を養成するもので、同社が取り扱うイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)製の訓練システム「TAME Range」を活用。受講者はチームを編成し、実践的な演習を通じてインシデント対応の基本や応用を学ぶという。

5日間の演習で、料金は1人あたり70万円となる予定。今後は、基礎レベルのセキュリティ技術を習得するコースや、利用者のニーズにあわせたコースなどを新設する予定。同社は、2020年度までに30億円の売上を目指して事業を展開していく。

(Security NEXT - 2015/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める