Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ上で偽ブルースクリーン - 偽サポート窓口へ誘導する詐欺

ブラウザ上でブルースクリーンに見せかけた画面を表示し、マルウェアへ感染したと思い込ませて表示した番号へ電話をかけさせる詐欺サイトが確認された。

詐欺サイトを報告したインターネットイニシアティブ(IIJ)によれば、問題のサイトではWindowsのブルースクリーンに見せかけた画面を表示。マルウェアへ感染したように見せかけて危機感を煽り、「サポート窓口」を装って電話するよう騙す内容だった。

画面には、「感染ID」といった文言のほか、「重大なセキュリティの今日が検出されました」といった記載があった。「今日」は「脅威」のミス入力と見られる。

今回の詐欺サイトに関しては、表示した時点でマルウェアへの感染やシステム障害などは発生しておらず、タスクマネージャーからブラウザを終了するといった対応で問題ないという。

IIJによれば、類似の手口は以前から存在するが、最近は、WHOISで取得したユーザーのISP情報をポップアップ表示したり、「専門家」を名乗るなど巧妙化しているという。また誘導には、スパムやオンライン広告などを利用。サイトには失効後に再取得されたドメインが悪用されていた。

(Security NEXT - 2015/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移