Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業のIT投資、2015年度は2.8%増 - 投資目的「セキュリティ強化」最多

矢野経済研究所が、国内企業の2015年度のIT市場規模予測を取りまとめた。前年度2.8%増の11兆6350億円で、投資目的別では、「情報セキュリティ強化」がもっとも高かったという。

同社が7月から11月にかけて、国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施し、取りまとめたもの。2014年度のハード、ソフト、サービスを含むIT市場規模は、前年度比3.6%増の11兆3180億円と推計。2015年度は2.8%増の11兆6350億円、2016年度は1.1%増の11兆7630億円と予測した。2017年度は消費税増税が影響し、前年度比0.6%減の11兆6900億円を見込む。

同調査では、今後3年間におけるIT投資の目的について尋ねたところ、「情報セキュリティの強化」が2012年より増加傾向が続いており、2015年は前年の43.8%から52.6%に上昇。これまでつねにトップだった「システム基盤全体の効率化(50.3%)」を上回り、上位5項目でもっとも高い比率となったという。

同社はこうした組織の投資行動について、企業や団体から個人情報が漏洩する問題が多発しており、個人情報の管理や運用体制の構築が、最重要課題になっていると分析している。

(Security NEXT - 2015/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に