Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「こんにちは!」フィッシング、今度は「じぶん銀行」を標的に

じぶん銀行の利用者を狙うフィッシング攻撃が確認されている。これまで複数行の利用者が狙われた攻撃と同様の文面を用いており、「対応しないとアカウントが凍結される」などと不安を煽る内容だった。

フィッシング対策協議会によれば、今回確認されたメールは、システムが更新されたため、アカウントが凍結されないよう認証が必要だなどと騙し、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃。

国内の金融機関では、ほとんど見られない「こんにちは!」というフランクな出だしが特徴。冒頭には「2015年12月23日更新」と発行されたばかりのアラートを装い、受信者の不安を煽っている。

リンク先のフィッシングサイトは、24日11時30分の時点で稼働を確認しており、同協議会は閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同一文面を用いたフィッシング攻撃が11月下旬から確認されており、これまでに住信SBIネット銀行、横浜銀行、セブン銀行、千葉銀行、イオン銀行などを装った攻撃がこれまでも確認されている。今後さらなる攻撃の拡大に警戒が必要だ。

(Security NEXT - 2015/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意