Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LanScope Cat」が「Dropbox Business」のログ取得に対応

エムオーテックスは、ネットワークセキュリティ総合管理ツール「LanScope Cat」の機能を強化し、「Dropbox」の操作ログが取得可能となった。

同製品は、業務端末の資産管理や情報漏洩対策を提供するセキュリティ管理ツール。最新版となる「同8.3」と「Dropbox Business」を組みあわせて使うことで、Dropboxへアップロードやダウンロードしたファイル、ユーザー名、パソコン、時間などのログを取得できるようになった。

また今後は、Dropbox Japanとプロモーション活動や技術的な情報連携を含め、協業体制を強化していくという。

(Security NEXT - 2015/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍