Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響

電子署名サービス「Dropbox Sign(旧HelloSign)」がサイバー攻撃を受けた問題で、情報通信研究機構(NICT)は、同機構のサイバー演習サービスで利用しており、関係者の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

Dropboxでは、「Dropbox Sign」を侵害され、認証情報を含むユーザーデータがアクセスされたことを5月1日に公表。同サービス経由で文書を受け取ったことがある場合も影響を受けると説明していた。

同機構によれば、情報処理安全確保支援士向けの特定講習に認定されている同機構の「実践サイバー演習 RPCI」において、受講証明書を発行する際に「Dropbox Sign」を利用していたという。

侵害された情報に、2021年度から2023年度にかけての同演習受講者524人に関するユーザー名、メールアドレスが含まれていた。

不正使用などの被害は確認されていないが、個人情報が流出した可能性も考慮し、個人情報保護委員会に報告した。あわせて対象となる受講者にメールで説明を行っている。

(Security NEXT - 2024/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom