Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6.2万人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明に - 関西大

関西大学において、学生など約6万人分の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明となっている。

同大によれば、同社が業務を委託している情報処理業者と受け渡しを行った際にUSBメモリを紛失したもの。問題のUSBメモリには、同大の学生や留学生、大学院生および保証人の個人情報あわせて6万2308人分が保存されていたという。

学生に関しては氏名、住所、電話番号、生年月日のほか、所属や学籍情報などが含まれる。また保証人に関しては氏名、住所、電話番号などの個人情報が記録されていた。

同大では、誤って廃棄された可能性が高いと説明。二次被害などの報告は受けていないとしている。関係者に対しては、順次連絡を取り、事情の説明や謝罪を行っていく。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大