Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年2月にESET最新版 - ネット取引の保護機能など追加

キヤノンITソリューションズは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ESET Smart Security V9.0」を2016年2月にリリースする。提供に先駆けて、モニター版プログラムを公開している。

同製品は、マルウェア対策や不正侵入対策、迷惑メール対策、デバイスコントロールなどを備えたESETが開発するWindows向けセキュリティ対策ソフト。

最新版では、オンラインバンキングの不正送金対策機能を強化。あらかじめオンラインバンキングや通販サイトのドメインを登録しておくと、アクセス時にセキュアブラウザが起動。キーロガーなどによる入力内容の窃取を防止する。

またボットネットプロテクションの機能強化を行い、データベースに登録した通信パターンからボットネットの不正通信を検知する機能を追加した。

同プログラムは、マルチプラットフォームへ対応したコンシューマー向け製品「ESET ファミリーセキュリティ」「ESET パーソナルセキュリティ」、および法人向け製品「ESET オフィスセキュリティ」向けに提供される。

また同社では、製品版の提供に先駆けて、モニター版プログラムを2016年1月31日まで展開する。

(Security NEXT - 2015/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充