Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部「Windows 10」環境でウイルスバスターが起動しなくなるケースが発生

一部「Windows 10」の環境で、「ウイルスバスタークラウド」が起動できない不具合が確認されている。同問題を受け、トレンドマイクロでは修正モジュールを提供している。

同社によれば、「トレンドマイクロコネクト」あるいは「セキュリティ脅威マップ」をインストールした環境において、起動できなくなる場合があるという。

いずれのモジュールも提供が終了しているため、同社では、修正モジュールを用意。適用することで、連携機能の動作を制限し、「ウイルスバスタークラウド」を起動できるようになる。

ただし、修正モジュール適用後は、一部機能が動作しないため「保護が無効」との表示されるという。ウイルスバスタークラウド上で「保護されている」との表示があれば、保護機能に問題はないとしている。

同社は、両ソフトがインストールされていないか確認し、インストールされている場合は、適用するよう案内している。

(Security NEXT - 2015/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
不正アクセスで運航情報管理システムの情報が流出か - 成田国際空港
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市