Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部「Windows 10」環境でウイルスバスターが起動しなくなるケースが発生

一部「Windows 10」の環境で、「ウイルスバスタークラウド」が起動できない不具合が確認されている。同問題を受け、トレンドマイクロでは修正モジュールを提供している。

同社によれば、「トレンドマイクロコネクト」あるいは「セキュリティ脅威マップ」をインストールした環境において、起動できなくなる場合があるという。

いずれのモジュールも提供が終了しているため、同社では、修正モジュールを用意。適用することで、連携機能の動作を制限し、「ウイルスバスタークラウド」を起動できるようになる。

ただし、修正モジュール適用後は、一部機能が動作しないため「保護が無効」との表示されるという。ウイルスバスタークラウド上で「保護されている」との表示があれば、保護機能に問題はないとしている。

同社は、両ソフトがインストールされていないか確認し、インストールされている場合は、適用するよう案内している。

(Security NEXT - 2015/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委