Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚労省のウェブサイトにDDoS攻撃 - 一時停止

厚生労働省のウェブサイトが外部からの攻撃を受け、11月21日未明から一時閲覧できない状態が発生した。23日午後に復旧している。

同省によれば、外部から大量の通信が発生するDDoS攻撃により11月21日未明からウェブサイトが一時停止。同省では安全性を確認したとして、同月23日午後より再開した。今回の攻撃によるサイトの改ざんや、個人情報の流出などについては否定している。

今回の攻撃に関し、社会運動を展開する共同体「アノニマス」の参加者を名乗る人物がTwitterで、攻撃を示唆する投稿を行っていた。

「アノニマス」には、合法的な活動を信条とする参加者から、非合法な行為に及ぶ参加者までさまざま。日本国内のイルカ追い込み漁に反対する活動を展開するグループもおり、今回の攻撃はその一環とみられている。

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
「PowerDNS Recursor」の「protobuf」処理にサービス拒否の脆弱性
Palo Alto製品の脆弱性を悪用した反射型DoS攻撃が発生
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表