Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows 10のメジャーUDで一部ESET製品に不具合 - マルウェア対策がオフに

キヤノンITソリューションズは、ESET製品の一部導入環境において、11月12日より配信が開始された「Windows 10」のメジャーアップデート適用後に不具合が生じているとして注意を呼びかけるとともに、対策などをアナウンスしている。

同社によれば、一部環境において「Windows 10」へのメジャーアップデートを実施すると、マルウェアの対策機能が利用できなくなるほか、同製品のアイコンが表示されなくなるおそれがあるという。

現在、同現象は「ESET NOD32アンチウイルス V8.0.304.7」にて確認されている。原因や他製品、他バージョンへの影響については調査を進めているとしており、同社では詳細情報をサイトで順次公開していく予定。

同社は対策方法を案内するとともに、「Windows 10 Pro」については、新機能の適用を遅らせることができるとして、対応の検討を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー