Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows 10のメジャーUDで一部ESET製品に不具合 - マルウェア対策がオフに

キヤノンITソリューションズは、ESET製品の一部導入環境において、11月12日より配信が開始された「Windows 10」のメジャーアップデート適用後に不具合が生じているとして注意を呼びかけるとともに、対策などをアナウンスしている。

同社によれば、一部環境において「Windows 10」へのメジャーアップデートを実施すると、マルウェアの対策機能が利用できなくなるほか、同製品のアイコンが表示されなくなるおそれがあるという。

現在、同現象は「ESET NOD32アンチウイルス V8.0.304.7」にて確認されている。原因や他製品、他バージョンへの影響については調査を進めているとしており、同社では詳細情報をサイトで順次公開していく予定。

同社は対策方法を案内するとともに、「Windows 10 Pro」については、新機能の適用を遅らせることができるとして、対応の検討を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示