Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、ハイエンドモデルなどUTMラインナップを拡充

フォーティネットは、UTMのハイエンドモデル「FortiGate-3200D」とミッドレンジ向けモデル「FortiGate-600D」を発表した。

「FortiGate-3200D」は、データセンターなどのネットワーク環境へ対応するUTMアプライアンス。10GbEインターフェースを48ポート備え、ファイアウォールで最大80Gbpsのスループット、3マイクロ秒のレイテンシを実現したという。5000万の同時セッションに対応し、登録エンドポイントサポート数は2万となっている。

「FortiGate-600D」は、大規模な支社などに向けた製品で、ファイアウォールのスループットは36Gbps。2つの10GbEポートを含む複数のインターフェースを備えている。550万の同時セッションに対応、登録エンドポイントサポート数は2000。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用