Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、ハイエンドモデルなどUTMラインナップを拡充

フォーティネットは、UTMのハイエンドモデル「FortiGate-3200D」とミッドレンジ向けモデル「FortiGate-600D」を発表した。

「FortiGate-3200D」は、データセンターなどのネットワーク環境へ対応するUTMアプライアンス。10GbEインターフェースを48ポート備え、ファイアウォールで最大80Gbpsのスループット、3マイクロ秒のレイテンシを実現したという。5000万の同時セッションに対応し、登録エンドポイントサポート数は2万となっている。

「FortiGate-600D」は、大規模な支社などに向けた製品で、ファイアウォールのスループットは36Gbps。2つの10GbEポートを含む複数のインターフェースを備えている。550万の同時セッションに対応、登録エンドポイントサポート数は2000。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都