Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、バグ報告プログラムで脆弱性14件を認定 - すでに修正済み

LINEは、8月から9月にかけて実施した「LINE」アプリを対象とした「LINE Bug Bounty Program」の結果を発表した。

同プログラムは、参加者より報告を受けた未知の脆弱性について同社が審査し、報奨金を支払うもの。iOSおよびAndroid向けに提供されている「LINE 5.2.0」以上を対象に実施した。

期間中、窓口には約200件の応募や問い合わせが寄せられ、7人より寄せられた14件についてプログラムの対象となる脆弱性として認定、公表した。これら脆弱性には、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」や「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」が含まれる。

またプログラムの対象外となるものの、安全性の向上に有益な情報を提供した参加者11人について貢献者として敬意を表し、あわせて公表している。

(Security NEXT - 2015/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す