Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco WSAに複数の脆弱性 - アップデートを公開

Cisco Systemsは、同社のウェブセキュリティ製品「Webセキュリティアプライアンス(WSA)」向けに複数の脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。悪用は確認されていないという。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2015-6298」は、同製品の管理画面に存在。脆弱性を悪用することで認証ユーザーがルート権限でコマンドを実行することが可能で、制御を奪われるおそれがあるという。

また認証されていないユーザーによってリモートよりサービス拒否を引き起こすことが可能となる脆弱性「CVE-2015-6292」「CVE-2015-6293」が存在する。

同社のセキュリティテストや顧客へのサポートを通じて判明したもので、いずれも悪用は確認されていない。同社は、脆弱性を修正するアップデートの提供を開始している。

(Security NEXT - 2015/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性