Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の4人に1人、「標的型攻撃」は他人事

従業員の4人に1人は、勤め先が「標的型攻撃の対象となる可能性はない」と考えていることがわかった。システム管理者も1割強が同様に考えている。

デジタルアーツが、20歳以上の就業者を対象に7月23日から25日にかけてインターネット上でアンケート調査を実施したもの。情報システム管理者333人、一般従業員1109人が回答した。

勤務先が攻撃対象となりうるか尋ねたところ、従業員の40.7%は「ある」と回答。その一方で24%は「ない」と答えた。また「わからない」との回答も35.3%あり、あわせると約6割にのぼる。

同様の質問をシステム管理者にしてみたところ、73%が「ある」と回答する一方、「ない」が12.6%、「わからない」が14.4%だった。

従業員へ勤務先のセキュリティに関するルールについて尋ねたところ、59.1%が「ある」、34%が「ない」と回答。勤務先のセキュリティ対策については、最近「厳しくなった(51%)」「変わらない(47.2%)」がほぼ半々だった。

セキュリティに関する社内研修は、58%が未経験。29.3%は、組織内の研修を受けており、6.7%は外部専門機関から講習を受けていた。

一方システム管理者が従業員に対して教育や情報発信として実施していることを尋ねると、「メールでの注意喚起、情報発信」が57.7%と最多。「専門部署による研修会、勉強会で直接レクチャー」が42.6%「専門企業からの派遣講師による研修会、勉強会で直接レクチャー」が25.8%だった。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性狙う攻撃コードが公開 - パッチから1週間強で
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト