Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の4人に1人、「標的型攻撃」は他人事

従業員の4人に1人は、勤め先が「標的型攻撃の対象となる可能性はない」と考えていることがわかった。システム管理者も1割強が同様に考えている。

デジタルアーツが、20歳以上の就業者を対象に7月23日から25日にかけてインターネット上でアンケート調査を実施したもの。情報システム管理者333人、一般従業員1109人が回答した。

勤務先が攻撃対象となりうるか尋ねたところ、従業員の40.7%は「ある」と回答。その一方で24%は「ない」と答えた。また「わからない」との回答も35.3%あり、あわせると約6割にのぼる。

同様の質問をシステム管理者にしてみたところ、73%が「ある」と回答する一方、「ない」が12.6%、「わからない」が14.4%だった。

従業員へ勤務先のセキュリティに関するルールについて尋ねたところ、59.1%が「ある」、34%が「ない」と回答。勤務先のセキュリティ対策については、最近「厳しくなった(51%)」「変わらない(47.2%)」がほぼ半々だった。

セキュリティに関する社内研修は、58%が未経験。29.3%は、組織内の研修を受けており、6.7%は外部専門機関から講習を受けていた。

一方システム管理者が従業員に対して教育や情報発信として実施していることを尋ねると、「メールでの注意喚起、情報発信」が57.7%と最多。「専門部署による研修会、勉強会で直接レクチャー」が42.6%「専門企業からの派遣講師による研修会、勉強会で直接レクチャー」が25.8%だった。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オレンジリボン運動の公式サイトが改ざん被害
脆弱な「GlobalProtect VPN」、国内で400台以上が稼働か - 悪用開始前に対応を
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も