Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の4人に1人、「標的型攻撃」は他人事

従業員の4人に1人は、勤め先が「標的型攻撃の対象となる可能性はない」と考えていることがわかった。システム管理者も1割強が同様に考えている。

デジタルアーツが、20歳以上の就業者を対象に7月23日から25日にかけてインターネット上でアンケート調査を実施したもの。情報システム管理者333人、一般従業員1109人が回答した。

勤務先が攻撃対象となりうるか尋ねたところ、従業員の40.7%は「ある」と回答。その一方で24%は「ない」と答えた。また「わからない」との回答も35.3%あり、あわせると約6割にのぼる。

同様の質問をシステム管理者にしてみたところ、73%が「ある」と回答する一方、「ない」が12.6%、「わからない」が14.4%だった。

従業員へ勤務先のセキュリティに関するルールについて尋ねたところ、59.1%が「ある」、34%が「ない」と回答。勤務先のセキュリティ対策については、最近「厳しくなった(51%)」「変わらない(47.2%)」がほぼ半々だった。

セキュリティに関する社内研修は、58%が未経験。29.3%は、組織内の研修を受けており、6.7%は外部専門機関から講習を受けていた。

一方システム管理者が従業員に対して教育や情報発信として実施していることを尋ねると、「メールでの注意喚起、情報発信」が57.7%と最多。「専門部署による研修会、勉強会で直接レクチャー」が42.6%「専門企業からの派遣講師による研修会、勉強会で直接レクチャー」が25.8%だった。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も