Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、ウェブアプリの自動診断など新サービス

NTTソフトウェアは、ウェブアプリの脆弱性診断やマルウェアによる不正通信を可視化するサービスなど、あらたなセキュリティサービスを12月1日より提供する。

同社サービス「TrustShelter」のラインナップにあらたなメニューを追加したもの。従来より同社では、エンジニアによるウェブアプリケーションの脆弱性診断サービスを提供してきたが、自動診断システムをあらたに開発。「TrustShelter/ST セキュリティ自動診断サービス」として展開する。

既知の脆弱性を対象としたスタンダード診断のほか、特定の脆弱性を調べる「セレクト診断」や、サイバー攻撃の痕跡を調べる「サイバー攻撃痕跡診断」などへ対応する。

また外部との不正な通信を監視する「TrustShelter/LM 不正通信可視化サービス」や、OSやミドルウェアなど、関連する脆弱性情報を配信する「TrustShelter/VA 脆弱性対処支援サービス」を用意した。

同社では、これらサービスの展開を通じて今後3年間で3億円の売上げを見込んでいる。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI