Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例パッチを公開 - あわせて154件の脆弱性に対応

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、脆弱性154件を解消した。

同アップデートは、四半期ごとに公開しているもので、「Oracle Java SE」や「Oracle Database」「Oracle MySQL」をはじめとする14の製品グループに存在する154件の脆弱性に対処。

そのほか、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Fusion Applications」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Applications」「Oracle Utilities Applications Suite」「Oracle Communications Applications Suite」「Oracle Retail Applications Suite」「Oracle and Sun Systems Products Suite」「Oracle Pillar Axiom」「Oracle Linux and Virtualization Products」などに含まれる脆弱性が修正されている。

今回修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v2」でスコアが「7.0」以上で、「レベルIII(危険)」とされるものは30件。同社はテスト環境で動作を確認した上で、早期にアップデートを適用することを推奨している。

(Security NEXT - 2015/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性