Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例パッチを公開 - あわせて154件の脆弱性に対応

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、脆弱性154件を解消した。

同アップデートは、四半期ごとに公開しているもので、「Oracle Java SE」や「Oracle Database」「Oracle MySQL」をはじめとする14の製品グループに存在する154件の脆弱性に対処。

そのほか、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Fusion Applications」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Applications」「Oracle Utilities Applications Suite」「Oracle Communications Applications Suite」「Oracle Retail Applications Suite」「Oracle and Sun Systems Products Suite」「Oracle Pillar Axiom」「Oracle Linux and Virtualization Products」などに含まれる脆弱性が修正されている。

今回修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v2」でスコアが「7.0」以上で、「レベルIII(危険)」とされるものは30件。同社はテスト環境で動作を確認した上で、早期にアップデートを適用することを推奨している。

(Security NEXT - 2015/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ