Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「J:COM」ユーザー狙うフィッシング - 偽サイトへ誘導

20151020_ap_001.jpg
稼働中の偽サイト(画像:フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、ジュピターテレコム(J:COM)の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

問題のメールは、「Billing Update - J:COM NET」との件名で送信されており、英文でセキュリティ上の問題からアカウントが制限されているなどと説明。メールに記載したURLからログインするよう求め、フィッシングサイトへ誘導する。

20151020_ap_002.jpg
J:COMが提供する正規の会員向けサイト

リンク先は、加入者向けポータルを装ったフィッシングサイトとなっており、IDやパスワードなどを詐取する偽サイトだった。英文のメールで誘導しているが、誘導先のフィッシングサイトは実在するページのデザインなどを盗用しており、日本語で作成されている。

同月20日の時点でサイトの稼働が確認されており、同協議会ではサイト閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA