Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェムアルト、20分ごとに番号変わる「動的セキュリティコード」

ジェムアルトは、オンライン決済での不正を防ぐセキュリティソリューション「Dynamic Code Verification」を発表した。

「Dynamic Code Verification」は、クレジットカード番号の盗用などによる不正使用を防止する決済セキュリティソリューション。店舗での支払い、オンラインやモバイルによる決済、ATMを利用したキャッシングなどへの利用を想定している。

クレジットカード裏面に記載された3桁の静的なセキュリティコード「CVC(Card Verification Code)」や「CVV(Card Verification Value)」を動的なコードへ置き換える。

動的セキュリティコードは、専用のカード上またはモバイル機器の画面上に表示。20分ごとに新しい番号へ更新することで不正利用のリスクを低減する。

(Security NEXT - 2015/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性